CASE STUDY

製品の活⽤事例

農業ハウスの塗布剤の株式会社レディシステムジャパンTOP活用事例【イチゴ】高温期の収量が向上!夏イチゴパイプハウスでのレディヒート使用事例

【イチゴ】高温期の収量が向上!夏イチゴパイプハウスでのレディヒート使用事例

レディヒート使用事例 長野県安曇野市

作物    いちご(すずあかね)

ハウス仕様    パイプハウス(POフィルム) 軒高:1.6m

塗布日            2019/6/30

塗布方法        動噴鉄砲ノズル

使用缶数        2.5缶/10a

使用目的

高温期の品質向上・収量増加

労働環境の改善

結果

・2019/9/4の快晴時に葉温を測定。
対照区に比べ塗布区では2.3℃低い平均葉温を観測。

ペンたん
ペンたん
光のロスを最小限に抑えつつ温度を下げる。これがイチゴにとっていい影響を与えるんだ!


・塗布区と対象区それぞれの収量を測定。
(定植日 未処理区:4/19  レディヒート区:5/2)
対象区と比べ、塗布区では高温期(7,8,9月)の収量が6%アップ。 


単価のいい夏イチゴでこれだけの増収は非常に大きい!増収でけでなく作業性の向上等の効果もあるので一石二鳥だね。

学者
学者
ペンたん
ペンたん

皆さんもレディヒートを使用する際には、比較できるハウスを準備して、収量や可販果率等を比較してみよう!

特に始めて使用する場合には、しっかりとした比較をすることをおすすめするよ。感覚だけでなく、数字での比較をすると効果を実感しやすいね。

学者
学者