CASE STUDY

製品の活⽤事例

【イチゴ】塗布タイミングのご紹介

はじめに

「レディヒートってイチゴの栽培でどんな効果があるの?」
「レディヒートを使いたいけれど使うタイミングがわからない」
そんな方に塗布のタイミングについてご紹介します!


塗布タイミング

レディヒートを塗布するタイミングは、イチゴの作型や、どの時期の暑さ対策をするかで異なります。
そこで!4つのオススメの塗布タイミングをご紹介いたします。

オススメの塗布のタイミング

① 一季なりイチゴ育苗期  :5月上旬~中旬頃
② 一季なりイチゴ定植期  :5月上旬~中旬頃、定植作業の直前
③ 一季なりイチゴ収穫期  :3月上旬~中旬頃
④ 四季なりイチゴ収穫期  :6月下旬~7月上旬頃



一季なりのイチゴでは、塗布の目的によって塗布タイミングが異なってきます。

それぞれの塗布タイミングについて、どのような効果があるかも含め、ご紹介いたします。


① 一季なりイチゴ育苗期:苗の品質向上!【5~9月】

塗布タイミング:5月上旬~中旬頃

◎遮光ネットに比べ光合成に必要な波長の光を通すので、徒長を防止し、クラウンの大きい苗に

◎遮光ネットのように、天候によって開け閉めする必要がなく手間いらず 

くわしい使用事例はこちら↓
https://redusystems-japan.seiwa-ltd.jp/case/20190409




② 一季なりイチゴ定植期:花芽の遅れ予防に! 【9~10月】

塗布タイミング:5月上旬~中旬頃 、定植作業の直前

◎高温による花芽の遅れ対策

◎高温による呼吸消耗を抑え、初期生育を改善




③ 一季なりイチゴ収穫期:春先の軟果の予防に! 【3~6月】

塗布タイミング:3月頃 上旬~中旬頃

◎果実温が下がることで、軟果を防ぐ

◎ハウス内気温の低下による作業性の向上




④ 四季なりイチゴ収穫期: 夏季の品質向上&収量UP!【6~9月】

塗布タイミング:6月下旬~7月上旬頃

◎ 高温による呼吸消耗を抑え、収量 ・品質 が向上

◎ ハウス内気温の低下による作業性の向上

くわしい使用事例はこちら↓
https://redusystems-japan.seiwa-ltd.jp/case/strawberry3


まとめ

ここまでの説明で、4つの塗布タイミングをご紹介いたしました。

① 一季なりイチゴ育苗期 :5月上旬~中旬頃
② 一季なりイチゴ定植期 :5月上旬~中旬頃 、定植作業の直前
③ 一季なりイチゴ収穫期 :3月上旬~中旬頃
④ 四季なりイチゴ収穫期 :6月下旬~7月上旬頃

塗布タイミングをまとめるとこのような時期になります。↓

・一季なりイチゴの本舗での塗布タイミング

一季なりイチゴの本圃でご使用の際は、高温による障害が出やすい時期に合わせての塗布をお勧めします。



春先の暑さをメインに対策したい方は
3月上旬~中旬頃

定植期の暑さをメインに対策したい方は
5月上旬~中旬頃、または③ 定植作業の直前
の塗布をお勧めします。




いかがでしょうか?
レディヒートは作型や気候に合わせてご利用ください。
わからない点はお気軽にお問い合わせください!