CASE STUDY

製品の活⽤事例

農業ハウスの塗布剤の株式会社レディシステムジャパンTOP活用事例【コラム】塗布濃度ってどうやって決めたらいいの?【0.5缶の差で1℃?】

【コラム】塗布濃度ってどうやって決めたらいいの?【0.5缶の差で1℃?】

レディヒート・レディソルを塗布するにあたり
「どれくらいの濃度で塗布したらいいの?」「濃度によって効果はどれくらい違うの?」
というご質問を頂くことが多々あります。

本記事では、レディヒートを異なる濃度で塗布した2つのハウスの、塗布後の結果についてご紹介・解説していきます。
塗布の濃度でお悩みの方がいらっしゃれば、参考になれば幸いです。

レディヒート使用事例 熊本県

作物                     トマト

ハウス仕様         フェンロー型ハウス(散乱光フッ素樹脂フィルム)

塗布日                 2020/4/27~2020/4/29

塗布方法             動噴鉄砲ノズル

使用濃度             各ハウスにより異なる

面積の異なる同仕様のハウス、ABCの3棟にレディヒートを塗布。
ABは2.5缶/10a(当社推奨)での塗布に対し、Cは2.0缶/10a(薄め)で塗布を行った。
その後サーモグラフィにより、各ハウスと未処理区の果実温度を測定、分析と比較を行った。

結果

●2020/4/26の快晴時に果実温を測定

10:00~11:00の間の快晴時に、ほぼ同条件で果実の温度を測定。

A、B(2.5缶/10a)のハウス

果実温度:未処理区に対し平均で2.0℃低い温度を観測。

C(2.0缶/10a)のハウス

果実温度:未処理区に対し平均で1.0℃低い温度を観測。

A、Bのハウスは未処理区に対して-2℃、Cのハウスは未処理区に対して-1℃。温度の下がり方に差があることが分かるね。

ハウスの仕様が同じということは、この差はレディヒートの濃度差によるものだと考えられるよ。

0.5缶/10aの塗布濃度の差で、約1℃くらい、果実温度の降温効果に差があったということだね!

結論:0.5缶/10aのレディヒートの塗布濃度の差によって、果実の降温効果に1℃の差が表れた!

まとめ

今回の事例では2.5缶/10a区と2.0缶/10a区で、1℃の降温効果の差がありました。
栽培状況(品目・生育ステージ等)や、ハウス内外の環境によって、どれくらい温度が下がるかは異なりますが、塗布濃度を決める際の参考になるかと思います。

夏場のハウスの高温対策は、目標(どれくらい温度を下げたいのか)を決めることが重要です。
目標を決めた上で、それを実現するための塗布濃度を選択しましょう!