レディヒートとは

レディヒートは、水に溶かして温室の屋根面に吹き付けて使用する、塗布型の遮熱剤です。
近年の猛暑によって、ハウス内の高温対策にお悩みの方が、多くいらっしゃると思います。
レディヒートは、遮光ネットや石灰等の「普通の遮光剤」と異なり、「光を取り入れ、熱を反射させる」性質をもつ、高機能な遮熱剤です。

 
↑散布面。見る角度によっては薄いピンク色に見えます。

●光を取り入れ、熱を反射させる。

レディヒートは光合成に有効な光の遮光を最小限に抑えつつ、熱線を効果的に反射します。作物の生育を妨げることなく、高温期の品質・作業環境の改善が可能です。

 

●高温期の品質・収量を改善。

レディヒートの塗布によりハウス内の気温だけでなく果実や花、葉の温度が大きく低下します。高温による障害(焼け・萎れ)や品質の低下を予防するだけでなく、可販果収量や品質の向上が期待できます。

 

↑栃木県での使用例

 

●労働環境の改善に有効。

レディヒートはハウス内の温度を低下させ、温室内で働く労働者の負担を軽減します。労働効率の向上や熱中症のリスク低減に効果的です。

 

 

●レディヒートの使用事例を本ホームページ上にアップロードしています!

いつ使ったらいいの?どんな効果があるの?等、具体的な使用事例が見たい方は下記バナーをクリック!

 

 

●ご使用方法

・レディヒートを水で希釈し、動力噴霧器を用いて屋根面に吹き付けます。
  (鉄砲・ガンタイプのノズルの使用をおすすめいたします。)

・塗布の濃度を変えることで遮光率を調整してお使いいただけます。
  初めてご使用の方は10aあたりに2.5缶の濃度での塗布をおすすめしています

・レディヒートの効果は塗布の濃度によって3~5ヶ月持続します。

 
 
 
詳細な散布のやり方について知りたい方はこちらをクリック!